沖縄の自然栽培農家さんが遊びに来てくれました


沖縄で自然栽培農家を営むまことさんが、おだやか家に遊びに来てくれました。

4つの畑を廻りながら、あれこれと摘んでは食べる。越冬したほうれん草たちの甘さが増してて嬉しい。成長は遅いものの、命が長いのも自然栽培の特徴だと思う。

野菜の種ごとに寒さを乗り切る命の工夫があって感心しちゃう。ほうれん草たちも地べたに這いつくばってじっと耐え忍び、春の陽ざしをうけまた目覚めてきた。

「こんな土が本当にあるんだ!」

土の柔らかさ、さらさら感、軽さ、匂い、すべてに感動してくれてるまことさん。沖縄の土質とはまったく違うでしょうね。おだやかファーム、6年目に入りさらに土質が整ってきてます。今年も楽しみだな。

場所を奥の院にうつし、今度は土中保存してる里芋の掘り出し。ここの土のふかふか感にも感動してた(笑)

2015年に開墾したときは硬くしぶとい根っこがはびこってたけど、ここもずいぶんと状態がよくなってきたと思います。

50~70㎝掘った穴にむしろを敷いて、里芋を置き土をかぶせておきました。12月の半ばに収穫、そして土中保存。こうして春先までみずみずしい芋が食べれるのは嬉しいもの。

「土が軽い~」と喜んで埋めてくれたまことさん、ありがとう(笑)

春の芽吹きを収穫して、お昼ごはんへ。

farmtotable170319

ビーツライス、
ふきのとう初物の天ぷら
ノビルのぐるぐる酢味噌あえ
ワイルドルッコラとリーフチコリーのサラダ
*ドレッシングはオリーブオイルとブラックソルト
ほうれん草と人参の味噌汁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です