新年の見回り~おだやかファーム


おだやかファームは私たちの最初の畑、ここからすべてがはじまったんです。そういう意味でもここはとても大切な場ですし、ここに立つとものすごく心が落ち着きます。ほっとするんですね。

夏から秋にかけてたわわに実ってくれたナスやトマトの支柱がまだ残る畑をふたりで見回り。今年はここでなにをしようか、カズの作付け計画をきくのが楽しみです。

畑をはじめて6年目の今年は、また大きく一歩前進できそうな予感に満ちています。

カズが昨年の前半だったか、「俺は光り輝く野菜を作りたいんだ」と想いを語ってくれた日がありました。試行錯誤を繰り返してる最中で、私も迷いの中にいてケンカもよくしました。畑に立つのがイヤでイヤでしかたない日もありましたし、カズを責めたこともあります。挫けて畑でひとり泣いた日も何度もあります。

でも、昨年秋ごろからうちの野菜たちの表情が変わってきたんです。そう、本当に光り輝きだしたんです。命が溢れ出したというか力がこもってきたのがよくわかったんです。カズがコツコツと地道に向き合ってきた結果が見え始めたんですね。

そして一緒に畑に立って汗を流してくれる仲間もできました。なによりおだやか野菜を求めてくださる方が大勢いらっしゃいました!本当に感謝でいっぱいです。

0102odayakafarm02

今年はもっともっと光り輝く野菜を、皆さんの健康と笑顔のもとになる野菜を、ここ相模湖のおだやかファームで育てていきます。そして皆さんにさまざまなかたちでお届けしたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です