新年の見回り~天空2

0102tenku2

天空の奥に位置する天空2。ここには寒さの中で光り輝く命がまだたくさん!

秋から私たちを喜ばせてくれた中葉春菊や大葉春菊。いまだ元気な小松菜、そして漬け時を待つ三池高菜。人参も3種類ほど土中に控えています。私が大絶賛している大蔵大根。そしてポーランドのゴールデンラディッシュ、ズラータや、冬のパクチーも。そしておだやか村のメンバーの畑「村民ファーム」もここにある。

0102tenku2leefchicory02

そんな中、いちだんと美しさを増したのがこの子、リーフチコリーです。今年初めて栽培したため、どんな成長を見せてくれるのかまったく見当がつかず、最初はただただ苦い葉で、それが寒さが厳しくなるにつれ、色合いも鮮やかに、そして中心部分が結球し、味わいもほろ苦く甘味を感じるようになってきました。

根は驚くほど強く太く、葉は大振りでまるで大輪の薔薇のよう。強さを美しさを兼ね備えた畑の女王様です。ちなみにこの根を焙煎して粉にしたらチコリーコーヒーになるんだろうか。

0102tenku2-lafraise

そしてもうひとつ、かわいこちゃんがこちら。フランスの苺、la fraise <ラ・フレーズ>=フランス語で苺。最初「ラブレーゼ」に聞こえて、私はすでにラブちゃんって呼んでいます。去年の3月に種をまいてようやくこのサイズ。葉が1㎝くらいです。これから先、どのくらいのペースで成長してくれるんだろうか。ゆっくりでいいからラブちゃんの時間軸で育っていってほしい。いつどんな実をつけてくれるか本当に楽しみです。

0102tenku2garlic

ちなみに、ラブちゃんの近くにはボディーガードとしてニンニクを植えてます。苺とニンニクは相性のいいコンパニオンプランツ。ニンニクの根の周りにつく微生物が病原菌の発生を抑えたり、臭い成分がアブラムシなどの虫を寄せ付けないようにしたり、植物同士の助け合いをうまく利用するっていいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です