コーヒーをやめてみて20日間の体感


コーヒーを飲まなくなってそろそろ20日が経過。
実はかなり調子がいいです(^^)

きっかけは2日から参加した断食リトリート。断食にむけてコーヒーを控え、断食があけてからも飲みたくなく、そしてそのままコーヒー断ちが続いてるって状態です。

10代から当たり前のようにコーヒーを飲みはじめ、食生活を大きく変えた時でさえ、やっぱりコーヒーやめるのは無理、と思い、ずっとずっと、1日に4~5杯くらい飲んでました。

でも今回あっさりとコーヒーを必要としなくなり、自分でも、へーって気分(^^)

コーヒーを飲まない20日間、今の体感。

まずむくみが減りました。

そして顔色がよくなった。
くすみが減った感じです。

これは周りの人からも言われので、実際そうなんだと思う。

これかなりうれしい変化です(^^)

きっと腎臓への負担が減ったんじゃないかな。
尿の量や色、臭いがずいぶん変わったことに気づきました。

そして肩こりが減った。
これもかなりの差を感じてます。

むかしに比べればきわめて軽い慢性肩こりでしたが、この2週間ほど、それがすごく和らいだ気がします。

おそらくカフェインによる交感神経への刺激が、筋肉の硬直を生み出してたんじゃなかろうかね。

肩が楽になると、まるで肩の荷が下りたような、気持ちも楽になるというか、気分爽快な時間が増えたように感じます。

そして、眠りの質。

あのね、夜になるとすごく早く眠くなります。

これ適切に副交感神経への転換が起きてるんじゃないかと思うんです。

毎日かなり体使ってるので、疲れて寝落ちなんてことはこれまでもあったんですが、その質が全然違う。

体の疲れと頭の疲れのバランスがいいというか、夜になったら自然と心身がスイッチオフしてくれてるような。

そんな自然な眠り、そして寝起きがやたらとイイ!
これは1日の暮らしの質をかなり高めます。

あと、慢性的になってた蕁麻疹が治まりました。これはあれこれ対策を練ってただけにとても嬉しい!

こうやってあげてみると(他にもまだありそうですが)コーヒーを飲まなくなってからというもの、いいことばかりで気分がいい。

でもね、お気に入りのカフェのあのコーヒーだけは飲みたい気がする、ちょっと試してみよう、と思い、数日前にそのカフェでコーヒーを飲んでみたものの、

いつもは「はぁ~美味しい」ってほっとひと息するところが、

あれ?別に美味しいって感じないし、っていうか頭痛いし、っていうか、心臓がちょっとパクパクする。

という体験が。

どうやら本当にもうコーヒーのいらない体になったようで、カフェイン中毒から抜け出たみたいです。

うーん、大好きなコーヒーよ。これまで本当に本当にありがとう。あなたのお蔭でステキな時間をたくさん過ごさせてもらったよ。

だからこれからも飲みたいと感じた時はきっと飲む。
でも、習慣的に、無意識に、だらだらと飲み続けることはもうやめようと思う。

そんな感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です