野良しごとの日、開催しました。


今日は「野良しごとの日」。

おだやか家初体験の方が直感に従いおひとりでふらっと来てくださいました。

今日のプランは、田んぼの見回りからはじまり、すべてのファームの見学ツアーからスタートです。

田んぼの稲たち、ずいぶんと大きくなりました。青年期、とでもいいましょうか、伸び行く上昇のエネルギーに満ちていてとても瑞々しいです。稲を見ていると命の昇華を感じてわくわくします♡

奥の院ではズッキーニの花が満開。とても華やかです。

スイカの赤ちゃんに歓声をあげたり、カラスに見つからないように隠してあるスイカを見て喜んだり、畑にいると子ども心を取り戻すような瞬間がたくさんあります。つまり、なんだか無邪気になっちゃうんだよね(^^)

すべてのファームの見回りを終えたら、今日も天空の大豆のお世話。はじめてのことだからカンをつかむまでは大変そうだったけど、しばらくしたらずいぶん慣れてきたよう。

草刈り中はふたりの間に会話はなくなります。

もくもくと作業している空間に流れるのは、風の音、虫たちの声、そして草を刈る鎌の音だけ。

周りの音がそれだけになったときに感じる「大音量の静寂空間」ものすごい量の音に溢れてるんだけど、それが全然うるさくなくて、むしろ静寂を感じるほど。これが人工的な音だったらもう耐えられないよってくらいの音量なのに、自然の音は調和してるためノイズにならない。

あの時空間、瞑想的で私は大好きなんです。
それを今日はふたりで堪能しました。

お昼は、おむすびと味噌汁とお漬物、あとはとれたてのキュウリやおくら、トマトを頬張る一汁一菜ランチ。満ち足りてて申し分ないです♡

ゆるっとした野良しごと、ランチ、午後は温泉&カフェでおしゃべり、こういうのんびりした時間の過ごし方ができるのも、野良しごとの日のよさですねー。私自身がとても癒されます。

 

そしてこんな1日を私たちと一緒に過ごしたい方がいらしたら、どうぞご連絡くださいね。1名~4名まで私の車で一緒に移動できるからお受けできます。

<野良しごとの日>
http://odayakaya.com/blog/1706norashigotonohi

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です